スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

***

新しい生活がはじまってすでに1週間。

学校も陽菜と同じ学校に転校した。

前の学校では勉強とバイトで忙しくて、友達らしい友達もいなかったけど
今ではいつも誰かが傍にいるような気がする。


新しい学校ではすぐに友達ができた。

彗 (すい) っていって学校では人気者みたい。
いつもクラスの中心にいて、面倒見のいいしっかり者って感じかな。
人見知りしがちな俺に気軽に声をかけてきてくれた。





今ではすっかり仲良くなって、学校が終わった後は彗の家で遊ぶことも多い。

彗も小さい頃に父親を事故で亡くして、母親と2人暮らしみたい。





旬 「彗って彼女いるの?」

彗 「いないいない。」

旬 「もてるって聞いたよー。女の子に興味ないの?」

彗 「興味ないってわけじゃないけど、なんか疲れるんだよな。旬は?」

旬 「うーん。どうだろ?まだいいかなぁ。」


考えてみれば恋愛ってよくわかんないや・・・。

俺もいつかは好きな人できるのかな?






彗と話し込んでいると陽菜が帰ってきた。

陽菜「ただいまー。」

旬 「おかえりー。紹介するね。彗、兄妹になる予定の陽菜。陽菜、こっちは友達の彗。」

陽菜「よろしくね!」

彗 「こちらこそよろしく。」





とりあえず、陽菜と彗には2人で遊んでもらうことにした。

おれはお菓子の準備。
作ったのはベリーパイ。結構うまそうにできた!
これからはお菓子作りもいろいろと挑戦してみようかな。





おやつの準備ができたから2人を呼びにいくと・・・

なかよくスマッスルを踊っていた。

なんだか、とっても楽しそうだ^^

この2人だったら美男美女でお似合いだし、絶対相性いいと思うんだ。





友達もできて、温もりのある生活を送れて俺って幸せだなぁ。

母さんも健一さんと幸せな時間を過ごせてますよーに。





スポンサーサイト

あわただしく時間は過ぎていって・・・。

母さんと健一さんは海外へ旅立って行った。

今日から新しい生活のはじまり。
とりあえず、千歳さんと陽菜ちゃんに迷惑掛けないようにしないとだよな。





家に着いたら千歳さんと陽菜ちゃんが暖かく迎えてくれた。

俺の部屋も準備してくれていて感動。
自分の居場所があるっていうのかな・・・
不安もあるけど、今までよりも暖かい生活が過ごせそうで楽しみ。
母さんと2人暮らしもよかったけど、仕事仕事で1人でいることが多かったもんな・・・。



***



荷物を運び終わったら、陽菜ちゃんが作ってくれたマカロニチーズを3人で食べた。




旬 「おいしいね。」

陽菜「ありがとう!わたしもお兄ちゃんもマカロニチーズしか作れないの。」

千歳「毎日マカロニチーズはさすがに飽きるしな・・・。」

2人ともどうやら料理が苦手らしい・・・。





旬 「俺料理好きなんで、料理作りますよ?」

陽菜「本当?!うれしー。楽しみだ。」

千歳「ありがとう。でも、無理とか遠慮とかなしな。」

陽菜「そうそう!敬語もなし。わたしのことは陽菜って呼び捨てにしてね。」

旬 「うん、わかった。 俺のことも呼び捨てにしてくれていいから。千歳さんもね。」





さすがに千歳さんには敬語じゃないとって思ったんだけど・・・
一緒に暮らすんだから、気にしないでいいって言われちゃった。
徐々に慣れていけるといいな・・・。


少し緊張したけど、陽菜ちゃんも千歳さんも気さくな感じでホッとした。

明日から楽しくなりそうだ。






next→

up data

01,09 sim3 6代目25更新
01,16 sim3 6代目26更新

カテゴリー

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。