スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sim3-2982.jpg 

近くに公園に遊びに来た2人。
ブランコで遊んでますw


sim3-2983.jpg 

エミリオ   「気持ちいい~♪」


sim3-2984.jpg 

エミリオを押してあげるジョナソン。


sim3-2985.jpg 

2人の遊んでいる近くにはレオニードとパパラッチの姿がwww


sim3-2986.jpg 

公園に来たのにはジョナソンに目的があったからのようです。


sim3-2987.jpg 

ジョナソン  「大切な話があるんだ。」

エミリオ   「うん?」


sim3-2988.jpg 

ジョナソン  「これからもずっと一緒にいてほしい。」

エミリオ   「ジョナソン?」


sim3-2989.jpg 

なにやら取り出すジョナソン。


sim3-2990.jpg 

エミリオ   「どうしたの?」


sim3-2991.jpg 

ジョナソン  「結婚しよう。」

エミリオ   「うそっ。」


sim3-2992.jpg 

ジョナソン   「受け取って欲しい。」

エミリオ   「うれしい; ありがとう・・・。」


sim3-2993.jpg 

指輪を嵌めるこの瞬間が個人的に好きです(*´Д`)


sim3-2994.jpg 

エミリオ   「うわーっ!うわーっ!」

うれしすぎて言葉にならないエミリオたん。


sim3-2995.jpg 

エミリオ   「すごくうれしい!」


sim3-2996.jpg 

エミリオ   「キレイだなぁ・・・。」

ジョナソン   「おいで^^」


sim3-2997.jpg 

エミリオ   「ジョナソンっ!大好き!」

ジョナソン  「俺もだよ。」


sim3-2998.jpg 

ジョナソン  「幸せになろうな。」

エミリオ   「僕はもう幸せすぎてどうにかなっちゃうよ。」


sim3-2999.jpg 

無事プロポーズ終了w
うまくいってよかったね。
天気が悪かったのと日陰でSSが暗くなっちゃったけどさ(´Д`;)


sim3-3000.jpg 

帰りに墓地に寄り道。
夕日がきれいですねぇw


sim3-3001.jpg 

エミリオ   「ノエルさん、僕ジョナソンと幸せになります。」

どうやらノエルに結婚報告にきたようです。
良いお嫁さんをもらったね、ジョナソン(つД`)


sim3-3002.jpg 

きっとノエルも天国から2人の幸せを祈ってるんだろうな。





スポンサーサイト

sim3-2969.jpg 

エミリオ   「サマンサ赤ちゃん産まれたって!」

ジョナソン  「じゃあお祝いに行くか。」

エミリオ   「うんっ^^」


sim3-2970.jpg 

元気いっぱいの男の子が産まれていました^^
どんな子に育つか今から楽しみですw
ちなみに産み分け法はしてないです。
面倒なので成り行き任せが1番です(ぁ


sim3-2971.jpg 

エミリオとジョナソンが訪ねていくと家族3人でテレビ観賞してましたw


sim3-2972.jpg 

サマンサ  「いらっしゃーい^^」

ジョナソン  「元気な赤ちゃんだな。おめでとう。」


sim3-2973.jpg 

ジョセフはトレーニングを始めたり。
みんな自由すぎるぜ(;´∀`)


sim3-2974.jpg 

サマンサ   「赤ちゃんって可愛いわよぉ!ジョナソンも早く作っちゃいなよ^^」

ジョナソン  「いや、まだ結婚してないから。」


sim3-2975.jpg 

サマンサ   「意外とお堅いのね。」

ジョナソン  「どういう意味だよ・・・。」


sim3-2976.jpg 

エミリオとサマンサが料理の話で盛り上がる中、ここでも壊れたテレビを修理するジョナソン。
テレビ壊れすぎじゃないか・・・?w


sim3-2977.jpg 

エミリオ   「見てみて!可愛いねぇ。」

ジョナソン  「だな。ちっさいなぁ。」


sim3-2978.jpg 

エミリオ   「はしゃぎすぎかな?w」

ジョナソン  「いいんじゃないか?」

エミリオを優しく見つめるジョナソン(*´Д`)


sim3-2979.jpg 

サマンサ   「ジョセフったら赤ちゃんにばっかり構っててわたしのこと放置なのよ!」

幸せの裏には悩みもあるようですね。


sim3-2980.jpg 

エミリオ   「それは嫌だなぁ。僕はしばらくジョナソンと2人がいいなw」

付き合ったばかりですからね。


sim3-2981.jpg 

サマンサのように逞しく育ちますよーに!



sim3-2954.jpg 

クロフォード 「いらっしゃい!」

ジョナソン  「元気そうだな。」


sim3-2955.jpg 

エミリオ   「毎日が楽しくて楽しくて♪」

レオニード  「それはよかった^^」


sim3-2956.jpg 

クロフォード宅の壊れたテレビを修理するジョナソンwww
親切だな、おい。
感電しないように気をつけてね!


sim3-2957.jpg 

ジャレッド  「いらっしゃい。」

エミリオ   「お邪魔します^^」

ジャレッド宅でパーティーのようです。


sim3-2958.jpg 

ジャレッド  「いやぁ、エミリオなら安心してジョナソンを任せられるよ。」

エミリオ   「そっそんなwww」

話が弾む2人。


sim3-2959.jpg 

ジョセフ   (げ。こっち来る・・・。俺殴られる・・・?)

ジョセフも招待されていたようです。
まぁ、作戦とはいえエミリオにベタベタ触ってたもんな。


sim3-2960.jpg 

ジョナソン  「この間はどうも。」

ジョセフ   「こちらこそ・・・。」

なんとも気まずい雰囲気w


sim3-2961.jpg 

ジョセフ   「なんか騙したみたいで悪かったな。」

ジョナソン  「あー。」


sim3-2962.jpg 

ジョナソン  「いや、おかげで自分の気持ちに気付けたし。」

ジョセフ   「そう言ってもらえると助かるよ^^」


sim3-2963.jpg 

なんだか仲良くなった2人。
まぁ、2人とも筋肉の話で盛り上がってたしな(ぁ


sim3-2964.jpg 

そんな様子を見ていたクロフォードwww


sim3-2965.jpg 

クロフォード  「終わりよければ全てよしってやつ?」

なんか癒されるわwww


sim3-2966.jpg 

エミリオ   「うわぁ。大きくなったねぇ。」

サマンサ  「でっしょー^^」

今にも産まれそうですw


sim3-2967.jpg 

エミリオ   「名前決めた?」

ジョセフ   「産まれないと性別わんないからw」


sim3-2968.jpg 

エミリオ   「家族っていいね!」

ジョナソン  「そだな。」

ジョセフ   「お前ら・・・。何しにきたんだよ・・・。」



sim3-2932.jpg 

入浴中。
このあと見事にお風呂を壊してくれました・・・。


sim3-2933.jpg 

即行で修理させました。
放っておくと床が水浸しになっちゃうからね!
ジョナソンは軍事キャリアについているので器用スキルも上がって一石二鳥ですね。


sim3-2934.jpg 

ジョナソン  「気分転換に散歩でも行くか?」

エミリオ   「うん!行きたい!」

エミリオは作家です。主に恋愛小説を書いてますw


sim3-2935.jpg 

なんだかいい雰囲気の2人。
景色がキレイですー!
天気がよくなかったので画像処理で明るくしまくりましたがw


sim3-2936.jpg 

エミリオ   「僕と付き合って。僕といると絶対楽しいよ!」

ジョナソン  「ぷっ。自分で言うかw」


sim3-2937.jpg 

ジョナソン  「付き合おう。好きだよ。」

エミリオ   「やった♪ 僕も大好き!」

幸せいっぱいの2人。
海辺で雰囲気あっていいなぁと思いきや・・・


sim3-2938.jpg 

パパラッチに激写されまくりっていうwww
パパラッチうざい。うざすぎる。


sim3-2939.jpg 

夜は2人でバーでデート。
初デートかな?


sim3-2940.jpg 

エミリオはイチゴ味。


sim3-2941.jpg 

ジョナソンは何だったけ?www忘れた(ぁ
しかも口じゃなくて鼻から出してます(;・∀・)


sim3-2942.jpg 

バーテン   「サービスです^^お勧めのカクテルなんです。」

ジョナソン  「ありがとう。」

なんともセクシーな格好のバーテンさんだな、おい。


sim3-2943.jpg 

エミリオ   「ジョナソンがかっこいいからって見つめないでください。」

バーテン   「・・・・・。」

セクシーなバーテンさんに嫉妬するエミリオ。


sim3-2944.jpg 

エミリオ   「ぐびぐびぐび。」

飲みまくるエミリオ。


sim3-2945.jpg 

そしてダウン。


sim3-2946.jpg 

そして何気に初チュー。
終わりよければすべてよしってね。
エミリオの機嫌も気分も上昇したのでしたw


sim3-2947.jpg 

ジョナソン  「どうした?」

エミリオ   「眠れなくて・・・。」


sim3-2948.jpg 

ジョナソン  「そうか・・・。そうだな・・・。」


sim3-2949.jpg 

ジョナソン  「今夜から一緒に寝るか。」

エミリオ   「うん^^」


sim3-2950.jpg 

せっかく同棲してるしね。
今日から寝室が一緒になった2人。


sim3-2951.jpg 

エミリオ   「重くない?」

ジョナソン  「全然軽い。お前はもう少し太れ。」


sim3-2952.jpg 

やっと恋人らしくなってきた2人。
このままウフフに突入!かと思いきや・・・


sim3-2953.jpg 

普通に寝た2人。
ゆっくりゆっくり進んでいけばいいさぁ。


sim3-2912.jpg
 

新しい世界にやってきて初の泥棒さん。
というか、レイトナイト導入してからパパラッチが多くてうぜぇ(ぁ
あれどうにかならんのか。。。


sim3-2913.jpg 

駆けつけた警察官が泥棒を捕まえようとしてくれてるんですが。。。
なんかセクハラしてるように見えなくもないような(ぇ


sim3-2914.jpg 

エミリオ   「泥棒だっ!ど、どうしようっ!」

慌てるエミリオ。
泥棒が入ってくりゃそうなりますわな。


sim3-2915.jpg 

無事に泥棒を捕まえた警察官。
泥棒さんがジョナソンに助けを求めてるように見えるんですがwww


sim3-2916.jpg 

ジョナソン  「大丈夫か?怪我しなかった?」

エミリオ   「大丈夫。怖かったよー。」

警察官   「・・・・・。」


sim3-2917.jpg 

空気を読んで帰る警察官。さすがです。
初泥棒は無事捕まってよかったよかった。


sim3-2918.jpg 

ジャレッド  「いらっしゃい^^」

ジョナソン  「お父さん久しぶり。」

隣に住んでるのに1回も訪ねていなかったというorz


sim3-2919.jpg 

ジョナソン  「エミリオと結婚考えてるんだ。とりあえず話だけしとこうと思って。」

ジャレッド  「そうか。良い話が聞けてうれしいよ。」

ジョナソン  「てか、ノエル父さんは?」


sim3-2920.jpg 

ジャレッド   「うっ・・・。ノエルは死んだんだ・・・。」

プレイヤーもこのときに知ってビックリですよ。。。
いつもは死期が近づいていますってお知らせがくるのに今回はお知らせもこないし、死にましたっていうお知らせすらこない。バグかなぁ?くそぅ


sim3-2921.jpg 

ジャレッド  「ノエルのことを考えると胸が潰れそうだ・・・。」

ものすっごい落ち込んでるジャレッド。
やっぱり年上のノエルのほうが先に天国に逝っちゃいましたね(つД`)


sim3-2922.jpg 

ジョナソン  「元気だして。ノエル父さんも笑ってる姿が見たいって思ってるって。」

ジャレッド  「そうだな・・・。」

少しずつ少しずつ元気になってくれるといいです。


sim3-2923.jpg 

ジョナソン  「ほら、孫もそろそろ産まれるかもしれないし!」

ジャレッド  「そうだな。それは楽しみだ。」


sim3-2924.jpg 

ジャレッド  「期待してるぞ。なるべく早く頼む。」

ジョナソン  「いや、クロフォードたちが・・・。」

軽く墓穴を掘るジョナソン。
早く孫の顔を見せてあげられるといいね。


sim3-2925.jpg 

エミリオ   「サマンサ、いろいろありがと^^上手くいったよ♪」

サマンサ  「おめでとうっ!よかったわ!」


sim3-2926.jpg 

サマンサ  「幸せそうな顔しちゃってvジョセフにも伝えておくわね^^」

エミリオ  「うん^^今度お礼にケーキ作ってくるねw」


sim3-2927.jpg 

サマンサ   「わたしも伝えたいことがあるの。」

エミリオ   「どうしたの?」


sim3-2928.jpg 

サマンサ   「わたし妊娠したのっ!」

エミリオ   「ほっほんと!?おめでとうっ!」


sim3-2929.jpg 

エミリオ   「元気な子産んでね^^」

サマンサ   「もちろんよ!ありがとう。」


sim3-2930.jpg 

エミリオ   「ジョセフ大喜びだったんじゃない?」

サマンサ   「そうなのよ!今から産まれるのを楽しみにしてるわ。」


sim3-2931.jpg

友情が深まったようです。
新たしい生命を育んでいくってすごいですよねぇ。
男の子かな?女の子かな?楽しみ♪


sim3-2895.jpg 

レオニード  「もう一度ジョナソンと話し合ったほうがいいんじゃないか?」

エミリオ   「もう一回振られて来いっていうの?」

クロフォード 「だからそれは勘違いだって。」

エミリオ   「慰めいらないっ。僕のことは放っておいて!」

取り付く間もないエミリオたん。


sim3-2896.jpg 

エミリオ   「お父さん?クロフォード?もうすぐ夕飯できるよ^^」

ジョナソンが訪ねてきたのでクロフォードがこっそりお家の中に入れてくれました。


sim3-2897.jpg 

ジョナソン  「レオニードさんでもクロフォードでもないんだけど。」


sim3-2898.jpg 

エミリオ   「ジョナソン・・・。何しにきたの?」

ジョナソン  「何しにってエミリオを迎えにきたんだけど。」


sim3-2899.jpg 

ジョナソン  「なんか勘違いさせたみたいだけど俺エミリオのこと嫌いじゃないし振ってないんだけど?」

エミリオ   「え?」


sim3-2900.jpg 

ジョナソン  「俺エミリオのこと好きだ。もどってきてほしい。」

エミリオ   「うっ嘘だ。」


sim3-2901.jpg 

エミリオ   「同情いらないし!僕を見るとイライラするって言ったじゃん。」

ジョナソン  「そ、それは・・・。」


sim3-2902.jpg 

エミリオ   「僕のこと嫌いなんでしょ?どうして放っておいてくれないの?」

ジョナソン  「だから好きだって!」


sim3-2903.jpg 

ジョナソン  「あー、その。エミリオに対してイライラするんじゃなくって・・・。エミリオが他のシムと仲良くしてるのがイラつくんだよ。」

エミリオ   「え?それって・・・。」

ジョナソン  「そうだよ。嫉妬してた。」


sim3-2904.jpg 

エミリオ   「嘘・・・。本当?」

ジョナソン  「ほんと。俺はエミリオが好きだよ。一緒に家に帰ろう。」

エミリオ   「う、うんっ(つД`)」


sim3-2905.jpg 

クロフォード  「ありゃ。エミリオ寝てるわ。気が抜けたかな?」


sim3-2906.jpg 

ジョナソン  「いろいろ迷惑掛けてすみません。」

レオニード  「いや。甘えん坊な息子だけど宜しく頼むよ。」


sim3-2907.jpg 

ジョナソン  「ほんとさんきゅ。自分の気持ちに気付けたのもクロフォードのおかげだよ。」

クロフォード 「いいって^^それにみんなの協力があってだし^^」

ジョナソン  「は?」

サマンサとジョセフが協力していたことをここで暴露。
嘘は早めに話さないといろいろこじれちゃうからね。


sim3-2908.jpg 

エミリオ   「ふんふんふ~ん♪」

家に帰ったエミリオは上機嫌で片付けしましたとさw


sim3-2909.jpg 

エミリオ   「ほんとに色々ありがとう!感謝しきれないよっ!」

クロフォード 「いいっていいって^^ あ、サマンサとジョセフが協力してたのジョナソンに話してあるから。」


sim3-2910.jpg 

エミリオ   「うそっ!?ジョナソン怒ってなかった?騙しちゃったし・・・。」

クロフォード 「笑って許してくれたよ^^逆に気持ちに気付けてよかったって感謝されちゃったし。」


sim3-2911.jpg 

クロフォード 「エミリオが思ってる以上にジョナソンはエミリオのこと好きだと思うよ。」

エミリオ   「ありがとう・・・(*´∀`)」

ジョナソンとエミリオが上手くいってなによりです(∀`*ゞ)
ぽんぽんと進めていきたいなーと思いますb



sim3-2874.jpg 

エミリオ   「もしもし?ジョセフ?」

ジョナソン  (またあの男と電話してるのか・・・。)

最近モヤモヤイライラのジョナソンです。


sim3-2875.jpg 

ジョナソン  「最近ジョセフと仲良しじゃん。」

エミリオ   「あ、うん。いろいろ相談にのってもらってて。」


sim3-2876.jpg 

ジョナソン  「あいつエミリオに好意もってるみたいだし、付き合えば?」

エミリオ   「なんでそうなるの?」


sim3-2877.jpg 

エミリオ   「僕はジョナソンが好きなんだよ?」

ジョナソン  「そういうのいいから。なんかお前見てるとイライラするし。」


sim3-2878.jpg 

エミリオ   「ひどいっ。僕のこと嫌いならきっぱり振ってくれればいいのに!」

ジョナソン  「嫌いなんて言ってないだろ。」


sim3-2880.jpg 

エミリオ   「もういいっ。ジョナソンなんて知らない!出てくっ!」

ジョナソン  「落ち着けって。」

エミリオが怒って出て行ってしまいました(;´Д`)
普段大人しい子ほど爆発すると大変なんですよー?


sim3-2881.jpg 

ジョナソン  (エミリオのやついつまで怒っんだ?まさかジョセフと・・・。)

運動でモヤモヤを発散させるジョナソン。
エミリオが出て行ったきりもどってこないようですね・・・。


sim3-2882.jpg 

洋服は脱ぎっぱなし、食器は洗ってないというorz


sim3-2883.jpg 

ジョナソン  (エミリオのやつこのままもどって来ないとか・・・?)

ぐるぐると考えてるジョナソンのところにクロフォードがやってきました。


sim3-2884.jpg 

クロフォード  「エミリオ今うちにいるんだ。知ってた?」

ジョナソン  「知らねーし。そういうことは早く知らせろよ。」

クロフォード  「ってか、エミリオのこと振ったんだって?」


sim3-2885.jpg 

ジョナソン  「あああ?振っねーし。」


sim3-2886.jpg 

クロフォード  「やっぱり?そうだとは思ってたんだけどさぁ。でも何でそんな勘違いされてるわけ?」


sim3-2887.jpg 

ジョナソン  「お前見てるとイライラする・・・とは言ったけど。」


sim3-2888.jpg 

クロフォード  「ちょ。それはひでーよ!嫌われてるって思っちゃうって!」


sim3-2889.jpg 

クロフォード  「花束持って土下座して誤らないと許してもらえないかもな。」


sim3-2890.jpg 

ジョナソン  「だってほんとのことだし。あいつがジョセフと仲良くしてっとイラつく。」


sim3-2891.jpg 

クロフォード  「あーん?それってヤキモチじゃん。」


sim3-2892.jpg 」

ジョナソン  「は?なんでそーなるわけ?」


sim3-2893.jpg 

クロフォード  「俺以外と仲良くすんなーって感じだろ?仲良くしてるの見るとイラつくんだろ?普通に嫉妬じゃん。」

sim3-2894.jpg 

ジョナソン  (嫉妬?俺が?エミリオを好き・・・?)

クロフォードに言われてやっとモヤモヤとイライラの原因がわかったようです。
世話の掛かるお兄ちゃんですね。
自分の気持ちもわかったようだし、これから挽回しろよっ!



sim3-2859.jpg 

エミリオ   「いらっしゃい^^」

サマンサ   「いよいよ作戦結構ね!」

ジョナソンに恋心を自覚させよう作戦の開始です。


sim3-2860.jpg 

サマンサ   「はじめまして。サマンサです^^」

ジョナソン  「ジョナソンです。」

とりあえずさっくり自己紹介。ジョセフももちろん自己紹介しましたw
サマンサとジョセフが夫婦なのはもちろん内緒ですw


sim3-2861.jpg 

エミリオ   「サマンサとジョセフも一緒に夕飯いい?」

ジョナソン  「ああ、いいよ。」

何事もジョナソン基準のエミリオたん。


sim3-2862.jpg 

はりきって夕飯の準備です。
メニューはサラダと・・・


sim3-2863.jpg 

シチューのようです。
料理が上手になってきたのはいいんですが・・・
エミリオはなんか太りやすい体質なのかな。。。


sim3-2864.jpg 

エミリオ   「どう?おいしい?」

ジョセフ   「うまいよ!毎日でも食べたいくらい!」

素直に感想を言うジョセフ。
まぁ、サマンサは料理上手とは言えませんからね(;´∀`)


sim3-2865.jpg 

ジョセフ   「エミリオってほんと可愛いよなぁ。」

エミリオ   「そっそんなことないよ!」


sim3-2866.jpg 

エミリオ   (ほんとにうまくいくかなぁ?)

ジョセフ   (大丈夫だって。そんな不安そうな顔しないしない。)


sim3-2867.jpg 

さりげなく仲良くしている2人をちら見するジョナソン。


sim3-2868.jpg 

ジョナソン  (なんだかムカムカするな。胃もたれ?)


sim3-2869.jpg 

ジョセフとエミリオが頑張っているなか、爆睡中のサマンサ(;・∀・)


sim3-2870.jpg 

ジョセフ   「エミリオってほんと可愛いよな?」

ジョナソン  「そうか?そんなことないと思うけど。」


sim3-2871.jpg 

ジョセフ   「じゃあ俺エミリオに本気になっちゃっていい?」

ジョナソン  「俺には関係ないし。」

そしてジョナソンを煽るジョセフ。
うんうん、しっかり働いてるな。


sim3-2872.jpg 

ジョセフ   「終わったけど・・・。」

サマンサ   「おはよ・・・。ご苦労様。」

一仕事終えたジョセフはサマンサを起こしにw


sim3-2873.jpg 

サマンサ   「で、どう?」

ジョセフ   「結構いい感じ。自覚するまではもう少しかかるかもな。」

サマンサ   「なる^^ 少し様子みるかー。」

ジョナソンに恋心を自覚させる作戦は無事終了しました。
うまくいくといいですねー。


sim3-2851.jpg 

ジョセフ   「ただいま。お客さん?」

サマンサ  「おかえり^^ この前話したエミリオ。こちら主人のジョセフ。」

エミリオ   「エミリオです^^お邪魔してます!」


sim3-2852.jpg 

サマンサ   「恋心自覚させるのって結構難しいのよねぇ。ってことでジョセフに協力してもらおうと思って!」


sim3-2853.jpg 

サマンサ   「ほら!自覚するのに手っ取り早いのってやっぱり嫉妬だと思うわけよ。」

エミリオ   「はぁ。」


sim3-2854.jpg 

エミリオ   「自覚も何もないと思うし、嫉妬なんてありえないと思うんですが・・・。」

サマンサ   「ふっ。これだからお子様はw」


sim3-2855.jpg 

サマンサ   「まぁ、わたしに任せておきなさいって!」
 
自信満々のサマンサと不安いっぱいのエミリオ。


sim3-2856.jpg 

ジョセフ   「全力でうまくいくように協力するから。」

エミリオ   「ありがとうございます^^」

暴走するサマンサには慣れっこの旦那様のジョセフ。


sim3-2857.jpg 

ジョセフ   「俺はエミリオに言い寄ればいいわけ?」


sim3-2858.jpg 

サマンサ   「そうそう!きっとうまくいくわ!なんだか楽しみ♪」

本当にうまくいくといいです。。。


sim3-2835.jpg 

エミリオ   「遊びにきちゃった!」

クロフォード 「いらっしゃい^^」


sim3-2836.jpg 

エミリオ   「じーーーーーー。」

クロフォード (なんかめちゃくちゃ見られてるんだけどっ。)


sim3-2837.jpg 

クロフォード 「何?なんか話があるから来たんだろ?」

エミリオ   「そうなんだけど・・・。」


sim3-2838.jpg 

クロフォード 「どうせジョナソン絡みだろ?うまくいってないとか?」


sim3-2839.jpg 

エミリオ   「さっすが!全然恋愛に進展しないんだよ!どうしたらいいかなぁ?」

クロフォード 「確かにそろそろ変化があってもいい頃だしな。」


sim3-2840.jpg 

クロフォード 「そだ!サマンサに協力してもらおっと♪」

エミリオ   (相談する相手間違えたかも・・・?)


sim3-2841.jpg 

クロフォード 「もしもーし。今から来れない?」

仕事仲間のサマンサに連絡するクロフォード。


sim3-2842.jpg 

クロフォード 「恋愛のエキスパート呼んだ!これでバッチリよ!」

エミリオ   (大丈夫かなぁ?)


sim3-2843.jpg 

サマンサ   「お待たせっ。どした?」

クロフォード 「いきなりごめん。友達の恋愛がうまくいくように協力してほしーんだけど。」


sim3-2844.jpg 

サマンサ   「わたしサマンサ^^よろしく! で、どんな感じなわけ?」

エミリオ   「僕はエミリオです^^ 実は・・・」

自己紹介もそこそこにさっくり内容を説明。


sim3-2845.jpg 

サマンサ   「それって見込みあんの?」

ズバッと切り込むサマンサさん。


sim3-2846.jpg 

クロフォード 「絶対あるって!ジョナソン激ニブだから自覚ないと思うけどさ。」

サマンサ   「ふむふむ。」

クロフォード 「まぁ、今の状態が心地良いんだろうけどw」


sim3-2847.jpg 

サマンサ   「なーんだ!それじゃあジョナソンに恋心を自覚させればいんじゃんっ!」

何やら良いアイデアを思いついたようですwww


sim3-2848.jpg 

クロフォード 「それが難しいんだけど・・・。うまくいくかぁ?」

エミリオ   (ジョナソンが僕に恋心もってるわけないのに・・・。)


sim3-2849.jpg 

クロフォード 「まぁ、何事も当たって砕けろってことで!」

エミリオ   「ちょっ!砕けたらダメじゃないかっ!!!」

無責任な2人に翻弄されるエミリオたん。
相談する相手間違えちゃったかな?(ぁ


sim3-2850.jpg 

エミリオ   「もしもし。ジョナソン?もう帰るよ!」

サマンサ   「ねぇ?この2人もう出来上がってんじゃないの?」

クロフォード 「うーん。見た感じ友達以上恋人未満って感じ。」




up data

01,09 sim3 6代目25更新
01,16 sim3 6代目26更新

カテゴリー

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。