スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sim3-2511.jpg

スレイ    「家に寄っていきなよ^^」

クロフォード 「そうしよっかなw」

クロフォードがスレイくんのお家に寄り道するみたいです♪


sim3-2512.jpg

クロフォード 「料理できるんだ?すごいじゃんw」

スレイ    「簡単なものくらいしか作れないけどね。」

お腹を空かせたクロフォードのために料理をしてくれるスレイくん。
なんていい子なんだ(つД`)


sim3-2513.jpg

スレイ    「今度みんなでピクニック行きたいね^^」

作ってくれたのはマカロニチーズ。
おいしそうですw


sim3-2514.jpg

クロフォード 「そうだねぇ。家にこもってばっかりじゃつまらないしな。」

スレイ    「うんうん^^きっと楽しいよ♪」


sim3-2515.jpg

スノウ    「ただいま^^クロフォード1人?」

スレイ    「おかえりなさい^^」

クロフォード 「お邪魔してまーす。」

仕事から帰ってきたスノウも合流。


sim3-2516.jpg

クロフォード 「ジョナソンはどっかで道草くってるんじゃないかなぁ。」

スノウ    「そうなの。モグモグモグ。」

ゴス家でまったり過ごすクロフォード。
スノウ宅はエドワードがゴス家の子孫なので姓はゴスです。(今さらですが(^_^;A


sim3-2517.jpg

短髪シム  「ちょっとくらいいいじゃん。」

金髪シム  「無理!地球がひっくり返っても無理っ!近寄んないでっ!」

公園で読書中のジョナソンの前で金髪シムに言い寄る短髪シム。


sim3-2518.jpg

ジョナソン 「うるっせーっつーの。」

短髪シム  「なっなんだよっ!お前には関係ないだろっ!」


sim3-2519.jpg

ジョナソン 「だったら俺の前で言い寄ってんじゃねーよ。」

短髪シム  「お前がそんなところにいるのがいけないんだろっ。」


sim3-2520.jpg

ジョナソン 「拒否されてるくせに女々しい男だな。」

短髪シム  「なっなんだとっ(゚Д゚#)」


sim3-2521.jpg

短髪シム  「こんにゃろーっ!」

ジョナソン 「てめっ。」

金髪シム  「アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ」

喧嘩勃発\(^o^)/


sim3-2522.jpg

金髪シム  「どうしよう・・・><」


sim3-2523.jpg

短髪シム  「いててててっ(つД`)」

ジョナソン 「俺に勝とうなんてふざけたマネしやがって。」

これもジャレッドお父さんに鍛えてもらったおかげですかねぇ。


sim3-2524.jpg

なにやら乙女チックな展開が・・・・?


sim3-2525.jpg

短髪シム  「おっ覚えてろよっ!!!」

ジョナソン (ガキかてめーは・・・。)

そそくさと退散する短髪シム。


sim3-2526.jpg

エミリオ  「あっあの!ありがとうございました。僕エミリオっていいます!」

ジョナソン 「ああ。俺ジョナソン。」


sim3-2527.jpg

ジョナソン 「目の前でうざかったからやっつけただけだし。」

エミリオ  「それでも本当に助かりました^^」


sim3-2528.jpg

ジョナソン 「つか、あんたもこんな暗い時間に1人でウロウロすんなよ。」

エミリオ  「はっはい!気をつけます!」


sim3-2529.jpg

ジョナソン 「じゃあ、俺そろそろ帰るわ。」

エミリオ  「あのっ!また会ってくれますか?」

ジョナソン 「さぁ?じゃーな。」


sim3-2530.jpg

エミリオ  「ありがとうございましたっ!」

ジョナソン (早く帰らないと俺の飯がなくなるっ!)

ジョナソンの頭の中はすでに夕飯のことでいっぱいみたいです(;´∀`)


sim3-2531.jpg

エミリオ  (きっとまた会えるよね?会いたいな・・・。)


硬派なエミリオくんが恋に落ちた瞬間でした。




スポンサーサイト

up data

01,09 sim3 6代目25更新
01,16 sim3 6代目26更新

カテゴリー

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。