スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




僕の名前は早乙女 旬 (さおとめ しゅん)。
小さい頃に両親が離婚し、それからは母の美佐子とアパートで2人暮らし。
2人で協力してなんとか生活してたんだけど・・・

この時、母さんの一言で僕の人生が大きく変わるなんて思ってもみなかった。





美佐子「お母さん、今お付き合いしてる人がいるの。」
旬 「はいぃ?」

母さんはいつも唐突なんだ・・・。
そりゃあ離婚してから随分経つし、
再婚してもいいんじゃないかなとは思うけどいきなりすぎる。

美佐子「それでね、手続きとか面倒だから再婚はまだ考えてないんだけど
     仕事上海外を飛び回っててね、お母さんもついて行くことしたわ。」
旬 「ちょw いきなりすぎるって。」

付き合ってる人がいるっていうのより、海外に行くってことにびっくりなんだけど。
母さんが海外行くってことは、僕1人暮らしになるのかな?お金どうしよう・・・。

呆然としている僕にむかって母さんは更に追い討ちをかけるよな言葉を発した。





美佐子「今日ね、お互いの紹介や親睦も兼ねての食事会を家でやる約束してたのよ。」
旬 「母さん!それ早く言ってよ!」

母さんがおきらくな性格なのは知ってるけど、こういう時はマジ勘弁してほしい。
心の準備もできてないし、食事作るの僕なんだから・・・。


とりあえず、約束の時間までそんなに時間がないから
母さんの話を聞きながら料理をすることにした。





冷蔵庫の中を見るとたいしたものがなかったので仕方なくスパゲティを作ることに。
本当はご馳走を作りたいけど、材料を買いに行ってる時間すらない。

料理を作りはじめたとき、ふと母さんに話しかけられた。
「ご飯5人分作ってねー!」
訳を聞いてみると交際相手は2人の子持ちらしい。
ほんとにもう・・・そういうことは早く言えって・・・。

さすがにもう、びっくり発言はないよな・・・?
心の中はヒヤヒヤとドキドキでいっぱいだ。


今日みたいな、いかにも気を使いそうな場は苦手だけど
母さんの幸せを笑顔で祝福してやりたいという気持ちがあるから
反対する気も断ろうとする気もなかった。





next→
スポンサーサイト

up data

01,09 sim3 6代目25更新
01,16 sim3 6代目26更新

カテゴリー

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。